「公立学校に「1年単位の変形労働時間制」を導入しないよう求める要請書」に基づく県教委との話し合いを行いました。

本部は9月1日(火)に「公立学校への「一年単位の変形労働時間制」の導入しないよう求める要請書」に基づく協議を行いました。文科省は7月17日に都道府県・政令市の9月議会で「1年単位の変形労働時間制」導入に向けて条例制定をするための省令を告示しました。しかし、県教委はこれについて”9月議会では提出しない(準備をしていない)”という回答がありました。(さいたま市議会でも同様に提出はないです。) 一方で、①仮に県として条例が通った場合導入を検討するか②そもそも「一年単位の変形労働時間制」に対しての認識(地教委自身の理解度)ということに対して、市町村教委に投げかけていることも回答の中でありました。引き続き、各級段階での「1年単位の変形労働時間制」導入を許さないとりくみ・申し入れは極めて重要です。

詳細は組合員のページをご覧ください。

2020年09月02日