「教員免許更新制度と教員採用選考試験に関する要請書」に基づく県教委との話し合い

 6月8日に提出した「教員免許更新制度と教員採用選考試験に関する要請書」に基づく県教委との話し合いを行いました。
 教員免許更新制度については、文科省が「新型コロナウイルス感染症の影響を受けた学校教育活動の実施に伴なう教員の業務量の増大等」が「やむを得ない事由」として「令和3年1月31日」を当該日とした「2年2月を越えない範囲で延期・延長を行うことが可能である。」としたことから、県教委はこれをただちに市町村教委を通じて全ての該当者に周知すること等を求めました。
 教員採用試験については、試験当日の感染リスク軽減に向けた取組を示すことや、それらについて受験者及び関係者にたいして告知することを求めました。
 また、県教委は感染防止対策の一環として新型コロナウイルス感染症など(学校保健安全法で出席の停止が定められている感染症)に罹患し治癒していない方や発熱・咳などの風邪症状のある方、試験日前14日以内に保健所から濃厚接触者と判断された方は、当日の受験を控えていただくようお願いをする一方で、これを理由とした欠席者向けの再試験は予定していないことについて、到底看過できる問題ではないことを担当に指摘しました。

2020年06月16日