埼教組紹介

埼玉県教職員組合って?

 埼玉県教職員組合(略称=埼教組)は、全日本教職員組合(略称=全教)を上部組織とする、埼玉県内の小学校・中学校で働く教職員で構成されている組合です。正規教職員だけでなく、臨時採用教職員や非常勤教職員、市町村費採用教職員の方も加入されています。

 子どもを中心にすえながら保護者や地域の方々と懇談したり、集会などで教育について考えています。必要があれば行政に働きかけながら、「一人ひとりの豊かな学びを保障し、どの子も大切にする教育」を願い、幅広く連帯しながらとりくみを進めています。

埼教組専門部一覧 ニュース 学習会のお知らせ
青年部 青年部NEWS「ねくすと」27号
青年部NEWS「ねくすと」26号
青年部NEWS「ねくすと」25号
青年部NEWS「ねくすと」24号
青年部NEWS「ねくすと」23号
青年部NEWS「ねくすと」22号
青年部NEWS「ねくすと」21号
青年部NEWS「ねくすと」20号
青年部NEWS「ねくすと」19号
女性部 花かご8月号  
事務職員部 coming soon  
養護職員部 養護教員部NEWS  
栄養職員部 coming soon  
障害児教育部 coming soon  

 


組合ってどんなことをしているの?

 どの子も大切にされゆきとどいた教育を実現させるため、教育条件の改善や学校施設の改善、そして、全国の保護者の願いでもある30人以下学級の早期実現、20人以下学級を展望した少人数学級の実現にとりくんでいます。

 よりよい教育を実践したいという教職員の願いにもとづいて、様々な学習会を開催しています。また、教科指導だけでなく、生活指導や学級経営など、幅広い学びの要求に応えるために教育研究活動を進めたり、民間の教育研究団体とも協力しながら学習をすすめています。

 よい教育を実践するためには、教職員が健康でなくてはなりません。そのために埼教組では、教職員が不安なくいきいきと働き続けられることができるように、賃金の引上げや労働条件の改善・教職員定数の改善・長時間過密労働の解消・休暇等の制度改善・労働安全衛生の体制確立を求めてとりくんでいます。

 同時に、通常勤務する職場環境も大切にしています。教職員も一人ひとり個性があります。それぞれの持ち味を生かしながら、すべての教職員が力を合わせてこそ充実した教育活動ができます。教職員の納得と合意にもとづく、民主的な職場づくりをめざして勤務条件の改善にとりくんでいます。